更年期障害の症状

更年期障害によるイライラを抑えたい!方法を丁寧に解説!

投稿日:

「更年期のせいか、なんかイライラする」という方は多くいます。そのイライラの多くは、更年期で女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減ったせいです。
更年期障害になると卵巣の働きは低下し、エストロゲンの分泌量は少なくなります。

そのため、更年期になると、イライラしてします場合があります。では、更年期障害によるイライラを抑える方法はあるのでしょうか?

バランス良く栄養を摂ること

更年期障害のイライラを抑えるには、栄養バランスの良い食事をすることが大切です。
特に、ビタミン類やミネラル類は、更年期でのイライラを抑える効果を期待することができます。
ストレスを受けるとビタミンCが使われてしまうため、イライラすることが多いとビタミンCが不足しやすくなります。

ミネラル類である、カルシウムやマグネシウムは、足りなくなるとイラついてしまう原因になるため、毎日適量摂ることが大切です。栄養バランス良く食事をすることが大切ですが、栄養バランスの良い食事をすることは意外と難しいものです。

そこでおすすめな物がサプリメントです。サプリメントを摂ることにより、不足しやすい栄養素を手軽に摂取することができます。

朝起床したら太陽の光を浴びること

あなたは、幸せホルモンと呼ばれている「セロトニン」というホルモンをご存知でしょうか?
セロトニンは、人間の精神に深く関係しているホルモンで、精神を安定させる働きがあります。

更年期によって女性ホルモンのエストロゲンが減ってしまうと、セロトニンも減ってしまい、精神が不安定になりイライラしやすくなります。そのため、セロトニンを増やすことは大切です。

セロトニンは、朝起床した時に、太陽の光を浴びることで増やすことができます。
また、太陽の光を浴びることは体内リズムを整えることにも繋がるため、朝起床した時は太陽の光をしっかり浴びるようにしましょう。

まとめ

更年期障害によるイライラを抑えるには、栄養バランスの良い食事をすることと、朝起きた時に太陽の光をしっかり浴びることが効果的です。
その他には適度な運動がおすすめで、適度な運動を楽しんですることでストレスが解消され、イライラを抑えることが可能になります。

また、アロマオイルの良い匂いを嗅ぐことによって、イライラを抑える効果を期待することができるため、アロマオイルもおすすめです。

-更年期障害の症状

執筆者:

関連記事

no image

更年期障害の症状は個人差がある

更年期障害というのは人によって出る症状も程度も異なります。 ですから比較的症状が軽い人だとただの疲れや体調不良だと思ってしまって、更年期障害だと思わないこともあるでしょう。 特に比較的若い年代の人であ …